contents

大田地区会
大田支部準備会6月例会

「出番ですよ~!」

経営の悩み、会社や地域への想いを熱く語り合おう!

開催日程:2016年6月14日


大森町街並み

報告者:田中礼祐 氏 & 芝尾宜秀 氏      

(報告)
恒例の「出番ですよ~!」の大田版の開催です。比較的入会歴の浅い田中氏、芝尾氏の二人に自社のPRのほかに事前に記入していただいたフェイスシートを基に、現在の経営課題や悩み、今後の展望や意気込みを熱く語っていただきました。 報告後、「会社を取り巻く環境変化に自社はどう対応していますか?」をテーマに4グループに分けディスカッションしました。

(内容)
田中氏は少子高齢化による介護保険報酬の引き下げと職員の不足、芝尾氏は住宅着工の減少や屋根材の多様化に伴う瓦需要の減少など、経営環境の変化で抱える問題についてそれぞれ説明していただきました。打開策として、介護事業以外への事業進出や瓦の製造・販売一本からの脱却など、まだまだそれぞれ具体的では無いものの、専門的な知識を持つ若くてまじめな多くの職員の存在、また一方では原料土を産出する山の自社所有や本格、高品位の瓦製造技術など、それぞれの強みを生かし事業の継続、雇用の確保をしながら地域に貢献したいと熱く語っていただきました。

(感想)
中小企業にとって経営努力がなかなか成果につながりにくい現況です。同友会の場で悩みを打ち明け合い、お互いの強みをコラボさせることで、ひょっとすると新しい商品やサービスが生まれる可能性を感じました。ゲストに島根中央信用金庫様も多数参加していただきましたが、今後そういった金融機関、また学校、研究機関との連携を図り活路を見出していく必要性を強く感じました。 入会可能のゲストの動員が無かったことが今回の反省点です。


小林 裕典