contents

松江支部
松江支部9月例会

経営指針が持つ可能性

~あなたは経営指針を見直していますか?~

開催日程:2016年9月12日


新田 氏

報告者:新田 みき 氏     スリーハート・リフレ 代表

<報告>
 スリーハート・リフレ 新田みき氏より「経営指針が持つ可能性~あなたは経営指針を見直していますか?~」というテーマで報告をいただいた。
約2年前に経営指針セミナーを受講された新田氏。
報告では自身の生い立ちから、結婚~離婚という環境の変化、そして今後の生き方を模索していた時に、一人娘から言われた「ダイエットしたら?」という一言。それがきっかけとなり耳つぼダイエットで13キロの減量に成功する。そして、自分もダイエットしたい人の力になりたい!と思うようになる。その後「借金しないのなら、やってみたら?」と、またしても一人娘からの後押しにより、個人事業主としてスリーハートリフレを開業した。
開業時の経営は順調で、松江店・米子店と2店舗のオーナーになり、将来は「たかのゆり」のように、スリーハートリフレを増やしていきたいと思っていた。しかしながら、経営自体はうまく行っているように見えたが、その内情は・・・
これでもか?!というくらいに、従業員の結婚や出産による離職、また、採用しても早々に退職し、おかしい!?と思ったときに分かった社員の裏切り。根も葉もないことを他の社員に言い伝え、また、お店のお金を横領し、果ては新田氏のお財布からもお金を盗んでいたという事実。そこで米子店を手放し、松江店のみに注力しやって行くことにした。
そんな時、同業の同友会仲間より「経営指針成文化セミナーいいよ」と言われ、受講を決心。
そして、受講中に店舗を移転し、隠れ家サロンとして心機一転、経営指針と共に新たなスタートを切る。
成文化セミナーを受講したことで気付いたことは「お客様目線のお店づくり」ができていなかったのではないか?」という現実と「ありがとう」と言ってもらえるお店づくりがしたかった!という想い。たかのゆりになりたい!と思おっていたはずだったが、本当に自分がやりたいお店は、お客様に寄り添った、一人ひとりを身近に感じ、喜んでもらえるサロンだった。
今回、サロンの移転問題が持ち上がり、なかなか「経営」に注力できない日々を送っていたが、この報告を機会に、再度、経営指針成文化シートを記入し、セミナー受講時のシートと比較してみて気付いたこと。その時に立てた行動計画と、実際にできたこと・できていないこと。そして、これからのスリーハートリフレのためにやっていきたいこと。その整理が今回の報告を機にできたことが、一番の報告の成果である。
新田氏は年内を目途に、自らが目指すサロンへ、社員と共に移転予定である。明るく元気なイメージの新田氏の10年は紆余曲折だったが、今、新たな社員と新しいステージに向けて歩み始めている。ぜひ、また数年後、最初に作った経営指針、そして報告を機に見直した経営指針、そして今!を見直す機会を持っていただければと思う。経営指針は作った所からがスタートである。第二のスタートを切った新田氏の今後の活躍を期待したい。


金築 理恵